ハロウィンに読みたいレイ・ブラッドベリの「ハロウィーンがやってきた」

ハロウィーンがやってきた

レイブラッドベリ (著),  伊藤 典夫 (翻訳) / 晶文社

 

witchs-house-836849_1280

個人的に大好きな秋、そしてハロウィンの季節がやってきました。

お家でハロウィンの空気を味わいたい方にはレイブラッドベリさんの本がおすすめです^^

 

 

 

この秋ハロウィンイベントやディズニーランドに行く計画されている方もおられるのではないでしょうか♪

ハロウィンは日本では陽気なイベントな感じですが

せっかくならハロウィンの少しだけ暗闇な所も知ってから行くと

さらにイベントも楽しくなるかもしれません^^

 

そもそもハロウィンって何?という方に♪

★「ハロウィン」の語源は?

ハロウィンはカトリック教会で11月1日に祝われる【諸成人の日】の前の晩にあたります。

諸聖人の日の英語での旧称【All Hallows】の【eve】、

【Hallows eve】が訛って、『Halloween』と呼ばれるようになったとされています。

 

★ハロウィンはいつ?

ハロウィンは毎年10月31日に行われます。

 

★ハロウィンの起源は?

古代ケルト人が起源と考えられています。

もともとは秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。

autumn-218804_1280

★カボチャのランタンって何?

ケルト人の1年の終りは10月31日。

この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられ、

悪い精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたそうです。

(ハロウィンでおなじみのカボチャのランタンは魔除けのアイテムだったようですね)

 

31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立ててジャック・オー・ランタンを作り、

魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ね

「トリック・オア・トリート Trick or treat. (ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。

家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりするそうです。

 

 

★ヨーロッパでは冬の日没時刻は日本と比べ早い。暗闇の季節のはじまり。。。

ヨーロッパではとくに冬の始まりは暗闇の季節の始まりであったようですね。

 

古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン祭でした。

この収穫祭は10月31日の夜に始まり

ドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げました。

祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まります。

11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、それぞれの家庭にこの火から燃えさしを与えた。

この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、

悪い妖精などが入らないようにしたそうです。

 

 

 

そんな暗闇・死への恐れ、宗教の始まり、を自然に考えさせてくれるのがハロウィンかもしれませんね。

そしてその空気を描いたのがレイブラッド・ベリの「ハロウィーンがやってきた」

ハロウィーンイベントや

ディズニーランドに行かれる前に読むともっと楽しめるかもしれませんね。

私はイベントもディズニーランドも行きません。笑

静かにジャックオーランタンを飾り、

家でハロウィーンの暗闇への恐れ、自然への感謝をレイブラッドベリさんで味わおうとおもいます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です