ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと / 本田直之

mongolia-831290_1920

 

ご訪問頂きありがとうございます♪

今日の一冊は「ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

著者は本田直之さんです。

 

ノマドライフ?どういう意味なのでしょうか。

ノマドとは遊牧民をさしており

最近ではオフィスを持たず、

ネットなどを利用し様々な場所で仕事をしている人のこと。

 

毎日満員電車に揺られ、仕事に拘束され、

くたくたになるまで働き消費するだけの毎日に疑問を感じませんか?

勿論、仕事をしたくないわけではないのです。

 

 

私の仕事先の上司Aは

半年以上毎日7:00〜23:00まで出勤。休みはゼロ。

家にも帰れず。

私が朝出勤するとソファーで寝ていました。

そんな生活が数ヶ月続いて仕事中ふらふらしていました。

一緒に仕事していると突然倒れるのではないかと不安でした。

 

上司Aは病院に行きドクターストップがかかり、休職届を出しました。

体はががたがたでした。

 

しかし上層部は人がいないから休職などありえないと休職届をもみ消そうとしていたようです。結局なんとか押し切り上司Aは無事休職できました。

その後残ったスタッフはそんな上司Aにねぎらいの言葉もなく

「突然休職するなんて、最後まで迷惑をかけて。。。」とののしっていました。

 

人間ですよね?と言いたくなりました。

どうなっているのでしょう?この現状。

 

 

今の仕事の現状に疑問がある方は一度読まれる事をおすすめします^^。

 

すぐに退職しようということではありません。

ノマドライフという生き方、そういった可能性がある事を知り

今から未来に向けて準備をすることができます。

 

実際にノマドライフを手に入れているだいぽんさんのブログ「ネットビジネスで1億円稼いだ皿洗いの物語(STP)」を読むとさらにイメージが湧くかもしれませんね。

 

お読み頂きありがとうございます^^
Kindle版はこちら→ノマドライフ 好きな場所に住んで、自由に働くために、やっておくべきこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です