ムーミン谷の彗星 / トーベ・ヤンソン

学生時代の読書メモ。

その2です。笑

ムーミン谷の彗星

学生時代、暗黒文学ばかり読みあさっていた反動で可愛らしい本もたまに読んでいました。笑

でも、ひどいもんです。私の読んだ感想。

「彗星がムーミン谷に向かっているという。ムーミンたちは洞窟に避難していた。

それで助かるのかな?と疑問に思いながら読んだ。

結局彗星は地球をかすったというおちでした。

ほんわかしてるね」

なんだこの感想。

私の心が荒廃してるよ。爆

長い尾を光らせた彗星が、地球にやってくるというので、ムーミン谷は大さわぎ。ムーミントロールは彗星をしらべるためスニフと天文台へ出発しますが……。
国際アンデルセン賞大賞受賞作家トーベ・ヤンソンがおくる傑作ファンタジー。

本来はこういうドキドキ、ハラハラ、ときめくファンタジーです。笑

学生の頃は刺激的な本を求めていたけれどいまはこういうムーミンみたいなスローで可愛い物語を読みたい。北欧好きですし。

この本、読み返したいな。

昔の感想ひどいわ。笑

【ムーミン】メッセージラテBOX(10袋入)★コースター2枚付

なにこれ、かわいいかも。笑