バースデイ / 鈴木光司

10年以上前の学生時代の読書メモ。

その3です。笑

バースデイ/鈴木光司

バースデイ?なんだっけと思ったら、あの有名な「リング」の続編、というか外伝でした。

「リング」「らせん」「ループ」

ノートをみていると学生時代、三部作全て読んだらしい。

リングはすごいブームでしたね。○子とか。

怖くて名前を書くのもいやです。笑

テレビから這い出てきたのをみてしばらくトラウマになりましたよ。ええ

トラウマになるから本で読むことにしたようです。

バースデイを読んだ当時の感想をみると、

ホラーではなかった。でも難しい単語が多い。

ホラーだったのはリングだけかな。バースデイ、SF小説みたい。

遺伝子に嵌まっていたから面白かった。

「ループ」がシリーズで一番面白かったかな。そーか、そうだったのかと驚き、納得した。

リング、らせんの謎も解明された。

当時の私は「ループ」が一番良かったようですね。

思い出しました♪

当時、遺伝子や免疫の本にはまっていたんです。

多田富雄さんの免疫の意味論という本が面白くてそれから遺伝子にはまるはまる。。。

懐かしい〜〜。

専門書ですが、哲学的でもあり私でも読めました。

多田富雄さんはまた明日書きます。笑

その流れでリングシリーズの遺伝子の内容がツボだったようですね。

リング懐かしい。今は読まないかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする