今更ですが、映画アバターを観ました。

ご訪問いただきありがとうございます。

今更、映画アバターを観ました。
大興奮してます。笑

面白い!

公開当時、話題になってましたが興味ないのでみてなかったんです。笑

アバターの世界惑星パンドラ。

自然の美しさに大興奮。きれいきれい。

空、月、緑、美しい。映画を観ながら森林浴している気分。
地球より、この惑星パンドラで生きていたい。
主人公はアバターになり、惑星パンドラの先住民たちと生活を共にしていく間に、どちらが現実か分からなくなっていきます。
現実世界の主人公は軍隊生活で両足を負傷し歩けない状態。

でもアバターになれば自由に歩き、走り回り、空を駆け巡り、大地とともに生きていける。

現実世界の虚ろな生活は正反対です。

最後に主人公はアバターの身体を選び先住民たちと生きていくことを選びます。

地球人は、侵略者として描かれていました。
原住民を滅ぼし、欲のままに生きている人間たちへの警告の物語でもありました。
地球が住めないからと、他の惑星を侵略して生きていこうとするなんて言語同断ですよね。

それより地球を回復させた方がいい。
どこまでも欲深く愚かな人間たち。反省・・・

それにしても、面白い映画でした^^

続編も作っておられるようですね。公開は2017年??楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする