真田丸にハマる。5話「全力で押し通りまする!」

ご訪問頂きありがとうございます。

管理人はすっかり真田丸にハマりました。

5話は「信長と光秀の本能寺の変」

しかし、三谷さんは本能寺の変を描きません。

信長が死んだ事で混乱する武将たちの様子を生き生き描いています。

さすがです。

三谷さんの家康は、ドツボ。

ひたすら逃げまくる山越えのシーンは最高でした。爆笑です。

ひたすら家康と家臣たちが落ち延びていくのです。

頼りの服部半蔵の道案内も、やっつけ本番。

とにかく

「全力で押し通りまする!」

敵兵のなか強引に、押し通っていくわけです。笑

途中ぼろぼろの小屋?で家康と家臣たちがおむすびを食べています。

村人たちの好意でおむすびをいただき、ご機嫌な家康。

このシーンが笑いを誘います。

まず、カメラが破れた障子越しに、ぼろぼろの家康たちを写します。

そして、カメラ切り替わると障子がすべて破れている!

全部破ったんですかね。笑

もう悲惨で笑える。

ご機嫌な家康に、この先の道に光秀の兵がいることを伝える半蔵。

そしてどうするのか?と問う家康に半蔵の答え

半蔵「全力で押し通りまする!」

家康「またか….」

策じゃないし。笑

場面切り替わってやけくそで走る家康。そしてずっこける。

殿〜〜〜とかいいながら走る。

砂埃?まきちらして走り去る家康たちの姿に爆笑!

面白かった〜〜♡

三谷さん、この調子でお願い致します^^

次回も楽しみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする