100分de名著④アドラー「自分」と「他者」を勇気づける。

100分で名著。その④アドラー「自分」と「他者」を勇気づける」


NHK 100分 de 名著 アドラー『人生の意味の心理学』 2016年 2月 

100分で名著④アドラー「自分」と「他者」を勇気づける。

アドラー心理学の最終回です。

最後のテーマは「自分」と「他者」を勇気づける。

われわれのまわりには他者がいる
そしてわれわれは他者と結びついて生きている

人間は個人としては弱く限界があるので
1人では自分の目標を達成することはできない
人は、弱さ、欠点、限界のために
いつも他者と結びついているのである

自分自身の幸福と人類の幸福のために
もっとも貢献するのは
共同体感覚である

共同体感覚とは?

他者を仲間と見ている人は
そこに居場所を見つけ仲間のために貢献しようと思える。
そのように他者を仲間とみなし
そこに自分の居場所があると感じられることを共同体感覚と名付けた。

生きる喜びや幸福は
他者との関係からしか得ることができない。

自己への執着を他者への
他者への関心に切り替えていく必要がある。

人はいかに生きるべきか

アドラーは言います。
人生の意味は全体への貢献である。

共同体感覚=人は全体の一部である。ともに生きている。

共同体感覚の為に必要なことは3つ。

  1. 自己受容
  2. 他者貢献
  3. 他者信頼

①自己受容

「大切なのは何が与えられているかではなく与えられているものをどう使うかだ」
これから先も私はずっと私。だから、この私から始めよう。

しかし他者と比べて劣っていると思うと他者と関われなくなります。

臆病だから関われない。とかんがえるのではなく、臆病ではなく自分は慎重なのだと短所を肯定的に受け入れる。自分を受け入れること。ありのままの自分を受け入れる

②他者貢献

自分が何らかの形で貢献していると感じられる時

③他者信頼

他者に貢献するには他者を仲間だと信頼できないといけない。

この3つはセット。

いじめはこの3つがすべて真逆にでている状態ですね。

勇気づけと勇気くじき

アドラーの教育論は勇気づけ

嫌われることばかり気にする。

自分に価値がないと思わない。
嫌われる勇気を持つこと。

嫌われる勇気と幸せになる勇気

勇気くじきとは?

人は勇気をくじかれると立ち向かうべき課題を達成できなくなります。

勇気くじきとはできないことばかり指摘することです
例えば、理想の部下をイメージし現実の部下をそこからの引き算でしかみない。
結局、くじかれるしかない。

課題に立ち向かう勇気を持てる状態にすることが勇気づけ。

共同体への貢献を感じられると自分に価値があると思えますよね。
そうなるように援助するわけです。

勇気づけのキーワードは「ありがとう」と言う。

共同体に所属しているということを知っている事が大切。

言いたいことを言ってもいいんです。
それでそこにいられなくなったらそれでいい。
不本意なままそこにいるよりもいいと思いませんか?

自分を嫌う人がいるということは
自由に生きている証し

自由に生きる代償を支払う必要があると思っていきていけばいい。

アドラー最大のメッセージ

人生の意味はあなたが自分自身に与えるものだ

どんな困難でも自分の困難は自分で考え克服できる・・・

困難な人生の中にあってなお態度決定することはできる。

すべてはあなた次第

だれも自分の人生をかわりに生きてくれない。

ちょっとした勇気。
大きな勇気はいらない。
いつも怒っていたことも「ありがとう」と伝えよう。

アドラー最終回は以上です。まとめがいのある濃い内容でした。

スタッフさん、岸見さん、素晴らしい番組ありがとうございます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする