世界でいちばん貧しい大統領ムヒカ氏・関連書籍まとめ一覧。

世界で1番貧しい大統領ホセ・ムヒカ氏が来日され、関連本が話題になり本屋では品切れが相次いでいます。
ムヒカ氏の本を一覧にまとめました。

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ /絵本
『伝説のスピーチが絵本に』

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ /絵本
『ムヒカ氏から日本へのメッセージ』

ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫) /文庫本
「私が大統領を辞めたら本にしてもいいよ」19年にわたる現地取材を基に著した歴史的ルポが満を持して遂に文庫化。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉 /
ウルグアイ第40代大統領のスピーチやインタビューから名言を選び出し、ホセ・ムヒカの人生と思想を解説。2012年リオ会議の「もっとも衝撃的なスピーチ」も全文掲載。

ホセ・ムヒカの生き方と言葉 (ムック) / ムック

①世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ / 汐文社 (2014/03)

☆☆☆☆☆大統領のスピーチをわかりやすくまとめた絵本です

2012年、ブラジルのリオデジャネイロで国際会議が開かれました。環境が悪化した地球の未来について、話し合うためでした。世界中から集まった各国の代表者は、順番に意見をのべていきました。しかし、これといった名案は出ません。そんな会議も終わりに近づき、南米の国ウルグアイの番がやってきました。演説の壇上に立ったムヒカ大統領。質素な背広にネクタイなしのシャツすがたです。

そう、かれは世界でいちばん貧しい大統領なのです。

給料の大半を貧しい人のために寄付し、大統領の公邸には住まず、町からはなれた農場で奥さんとくらしています。花や野菜を作り、運転手つきの立派な車に乗るかわりに古びた愛車を自分で運転して、大統領の仕事に向かいます。身なりをかまうことなく働くムヒカ大統領を、ウルグアイの人びとは親しみをこめて「ペペ」とよんでいます。さて、ムヒカ大統領の演説が始まりました。会場の人たちは、小国の話にそれほど関心をいだいてはいないようでした。しかし演説が終わったとき、大きな拍手がわきおこったのです。

②世界でいちばん貧しい大統領から君へ / 汐文社 (2015/10/9)

ウルグアイムヒカ元大統領から日本へのメッセージ

①の絵本との違いは、ムヒカ氏から日本へのメッセージであること。①はスピーチの内容が絵本になっています。

15万部突破!!テレビ、雑誌などで話題沸騰!! 絵本『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』のホセ・ムヒカ前大統領から、日本へのメッセージ。 彼が大切にしている「言葉」があなたの心にしみわたります。

子ども時代はもっとも幸福な時期だ。大人は子どもをせかさないでほしい。
子どもは遊んで、遊んで、遊んで、幸せにならないといけない。知識、知識、知識、情報、情報、情報、と急いで与えないでほしい。子どもはゆっくり育つべきなんだ。

お金を持っていても時間は容赦なく流れていくんだ。物のために生きてはならないんだよ。
よく考えてほしい。きみが何かを買うとき、お金で買っているんじゃないってことを。そのお金を得るために費やした時間で、買っているんだよ。
過ぎた時間とは、きみの人生だ。過ぎ去ったら取り返しができない。
だから、大切にしないといけないんだよ、人生という時間を。

③ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫)

19年に及ぶ現地取材でジャーナリストがまとめたムヒカ氏の歴史的なルポ

ムヒカ氏をより詳しく知りたい方にはこちらがオススメ☆☆☆☆☆

世界が抱える諸問題の根源は、我々の生き方そのものにあると説いた伝説的スピーチで、一躍時の人となった南米ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ。一国の長でありながら庶民的生活を貫き、国民の目線に立ち続ける柔和で読書好きな老人の生涯は、貧困、ゲリラ活動、投獄など衝撃の過去に満ちていた―。「私が大統領を辞めたら本にしてもいいよ」―19年にわたる現地取材を基に著した歴史的ルポが満を持して遂に文庫化!

④世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

2012年のリオ会議での感動的なスピーチを中心に
本書は、冒頭にそのスピーチ全文を掲載。
そして彼の他の演説やインタビューの中から名言をピックアップして、
ホセ・ムヒカ氏の人となりと思想、生き方をわかりやすく解説します。

⑤ホセ・ムヒカの生き方と言葉

世界でもっとも貧しい大統領の心に触れる。

私は貧乏ではない、質素なだけです。
私は物に自由を奪われないために、
必要なものだけを持って身軽に旅行します。

貧乏な人とは少ししか物を持っていない人ではなく、
多くの物が必要で、無限の欲がある人のことです。

私たちは消費するためだけに生まれてきたかのようです。
それができないとき、不満を持ち、
貧しく、そして自己疎外感を抱きます。

唯一夢中になるのは愛です。他のすべてのものは災いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする