桜風堂ものがたり / 村山早紀

img_6421

百貨店内の書店、銀河堂書店に勤める物静かな青年、月原一整は、人づきあいが苦手なものの、埋もれていた名作を見つけ出して光を当てるケースが多く、店長から「宝探しの月原」と呼ばれ、信頼されていた。しかしある日、店内で起こった万引き事件が思わぬ顛末をたどり、その責任をとって一整は店を辞めざるを得なくなる。傷心を抱えて旅に出た一整は、以前よりネット上で親しくしていた、桜風堂という書店を営む老人を訪ねるために、桜野町を訪ねる。そこで思いがけない出会いが一整を待ち受けていた……。一整が見つけた「宝もの」のような一冊を巡り、彼の友人が、元同僚たちが、作家が、そして出版社営業が、一緒になってある奇跡を巻き起こす。『コンビニたそがれ堂』シリーズをはじめ、『花咲家の人々』『竜宮ホテル』『かなりや荘浪漫』など、数々のシリーズをヒットさせている著者による、「地方の書店」の奮闘を描く、感動の物語。

Amazonより抜粋

友人から貸りた本です。久しぶりに文芸書読みました。書店員さんが物語の主人公で書店で働いている私は参考になるかもと興味津々で読ませていただきました^^
文章が読みやすくあたたかいストーリーでさらっと読めます。
秋の読書に・・・と文芸で推しておこうかな。笑

主人公が売れ筋置くより埋もれた商品を見つける方が得意という設定にいいなあそんな書店に自分が行きたいと思う。笑
実際働いてて思うのは売れ筋は入荷したくても入ってこない。
そして文芸書が圧倒的に売れない。
文庫は売れるけど(安いから)
この現実。

文芸より実用書や児童書(こども、孫への投資はすごい)が良く売れる。
即効性のあるものが売れる現状。

仕方ない。
大切なお金だから役立つ本を買いたいですよね。

お客さんが求めているのは役に立つ本。
文芸書が売れない本屋にいる文芸担当っす。

そんなこと考えながらも楽しく読ませていただきました^^

私も売れ筋より、良い本を置きたい、そんな思いを改めて再確認しました。素敵な物語をありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする