進撃の巨人88話。すごすぎる。

進撃の88話。超面白い。
謎解き始まって。また謎が増えて。
最初に繋がっていく。

好みすぎる展開に悶絶しております。
すごい。
こんなに漫画にハマったの久しぶり。

毎月発売の別マガが楽しみで仕方ない。

深夜、発売日にKindleでダウンロード。笑
いやあ。電子書籍って本当にいいですね。
発売日の夜にお店にいかず購入できるって楽しすぎる。壊

以下重要なネタバレ満載です。
なのでお気をつけてくださいーー・

面白すぎて興奮。
読んだこと無い人はぜひ1巻から読んで!

スポンサーリンク




どこからいこうかなあ。
まずは進撃の巨人というタイトルがまさかのエレンの継承した巨人の名前だったところでしょうか。
そうきたかーー。悶絶。

あとは巨人の力を得た代償は寿命が13年という制約があったこと。
アルミンはあと13年。エレンはあと8年?。

13年という寿命のことを兵長が知っていたら、団長とアルミンとどちらを生かしたのかなと考えてしまいます。

兵長が知っていたらエルヴィンに注射していたかもしれない。

自分の愚かさに打ちひしがれるグリシャ。
子育てに失敗し。
クーデターも失敗し、仲間たちを全滅に追いやり。

壁内で再婚して家庭を持ったのはもう一度やり直したかったのかもしれませんね。
ジークと違ってエレンは自分の意思で壁の外に出たい。
調査兵団に入りたいと言ったし。
ただ巨人化したいとは言ってなかったか。
え。
ま、詳細は来月まで待とう。

進撃の巨人イコール自由を求める巨人であったこと。
巨人にも個性や意思があるということ?

原始的欲求で、エレンは生まれた時から自由だと叫んでいました。
今読み返すと燃えます。
さらに調査兵団の紋章が自由の翼であること。

自由の翼。
自由を求める進撃の巨人。

今までのキーワードがどんどん符合して行く展開。
滾ります。

まだいろい書きたい。
とりあえず進撃ファンの人と語りたい。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする