進撃91話。その①

進撃91話。その①

ダウンロードして深夜に読みました。

またしても予想外の展開。大歓迎ですが。笑

以下、ネタバレメモ&感想です。
お気をつけ下さいね〜。

マーレは戦争しています。

イメージとしては第一次世界大戦か第二次世界大戦。
歴史の中でも1番苦手なとこです。

マーレ側の新登場のキャラクターがたくさん登場。

彼らが壁内を滅ぼしにくるのだろうなあと思われる面々です。

鎧の巨人と獣の巨人の後継者を決めようとしてる。

ジークやライナーは今生きてるのか。

死亡しても彼らの記憶や思いは引き継がれていくはず、物語がより面白くなるだろう。
特にジークやライナーの記憶を引き継いだ後継者の反応も気になる。

そしてジークやライナーが補食されてしまうのかと思うと悲しい。

マーレにとって、巨人は軍事的に大きな存在であることもちらっと書かれてた。超大型と女型を失ったことは大きな戦力ダウンだった模様。

そう考えたら調査兵団の功績はかなり大きいのかもしれない。毎回死傷者だして得たものはない、という印象だったけど。アニを捕獲しただけでもかなりの成果なのでは。当時は情報引き出せず死傷者他数で皆絶望してましたが。

エルヴィン団長の功績は計り知れない。

捕獲したアニは氷付け?になってますが13年すぎたらどうなるのかな?自動的に死亡してしまうのか。

とりあえず今日はこんな感じで^^

とにかく毎回毎回想像以上の展開。

先生が描きたいことを描いてくだされば読者としては満足ですから。

これからも静かに応援してます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする