HUNTER×HUNTER361

約1年ぶり。念願の連載再開。

HUNTER×HUNTER361

私的361話のツボは

クラピカの人差し指の能力

秘密兵器のような強力な破壊力のある能力だと思っていましが全然違いました。
クラピカの能力は対象の能力を一時的に奪い
奪った能力を解析。
能力を一度だけ使用できる。
を一度使うと持ち主に自動的戻る。

というものでした。

この能力誰かに似てる?
だれだっけ?

団長でした。笑

スキルハンターに似た系統の能力ですね。

クラピカと団長は頭脳明晰に描かれてる。
思考回路が似ているんでしょうか。

クラピカの師匠イズナビはクラピカの提案します。
実際に戦ってみて足りないなにかを実感したら
それを補う能力を加えることを勧める、と。

結果的にクラピカが足りないなにかを補うために考え抜いて選択した能力が相手の能力を解析し、利用するものでした。

団長との違いは一度使ったら相手に戻るという点。
奪うと言うよりは借りる。
相手の能力を解析することが目的。

団長は盗んで相手の闇を見るのが楽しみ(いい趣味してる)なわけで理由は違います。
旅団メンバーの能力を使っているということは返すこともできるんでしょう。

2人とも思考回路が似ていますね。

自分ひとりの能力では相手の能力によっては不利になります。
相手を分析し対処できる能力を借りるのが1番です。

憎たらしい敵と思考回路が似てるなんて気づいたらクラピカさんどう思うのでしょ。。

っていうか先生意図的にしたのかな?

クラピカの人差し指の能力が判明して、不安感がさらに増した、と言うのが本音です。
もっと本音は面白くなってきたーー^^♡

やばやば。

ハンター超たのしい。
再開ありがとうございます♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする