進撃95話。

進撃95話。嘘つき

別マガ最新のネタバレ含む感想なので未読の方は引き返してくださいね^^

今回は最初に先生のインタビューがありました。
最終回に向けて。

『何が正しいのかというよりも、様々な作品や考え方に触れてその時の自分が感じたありのままを描いていく。それが進撃の結末になるんだと感じています。』

  • 予定していた通りの結末に向かっていること。
  • アプローチの仕方は変わってきていること。
  • 変わった理由は読者への責任感からであること。

進撃の好きなポイントはこれが正しいとかそういったこと押し付けるようなことは書かないで淡々と物語が進んで行くところです。

先生なら最終回までしっかり描きあげてくださるだろうなあという安心感があります^^。

 

 

95話も壁外の物語でした。そろそろへいちょ見たいな(心の声)。壁外で壁内を攻撃しなければならない理由が構築されていきます。ウーリが言ってたみたいに、いずれ滅ぶ、が実行されようとしています。敵は世界。でもすべてが敵とは限らない?

個人的に新しく登場したダイバー家に興味津々です。ダイバー家は戦槌の巨人を所有している一族で巨人大戦の時にフリッツ家に反旗を掲げた最初の貴族で名誉マーレ人として政治にも不干渉の立場なのだとか。9体目の巨人登場。マーレ人たちが収容所に隔離され兵器扱いされている状況でダイバー家はやり手ですな…。すごくいい人かゲスいかどっちかな気がする。笑

このダイバー家の人間性が壁内の未来に大きく関わってきそう?。

ウーリのような人であれば希望が見えますが。きっと彼らなりの立場や理由もしっかりありそうです。どう描かれるのか楽しみです。余談ですがダイバー家の描写に小さい人がいる。笑 小さいというだけで兵長と関わりがあるとおもってしまう(病気)

95話もライナーメインです。壁内に潜入する時を描かれていました。

壁内に潜入させたのがこども4人だけでなくマガト隊長も一緒に潜入して彼が的確に指示していたら壁内から始祖の巨人を奪還できたのでは?子どもだけに任せるなんて雑な作戦だなあ…。

 

ダイバー家の宣言が気になる!演説といえばエルヴィン。エルヴィン的タイプの人が登場するのかな。

そういえば、エルヴィンって本当に死んだんですよね。なんかこう。ひっかかるというか。進撃の世界は安易に人は生き返らない。でも最後部屋に横たわって安置されているシーン。

「休ませてやらないと…。」

どうも死という感覚がいない。起き上がってこないかな。それじゃキョンシーか。笑

 

最終決戦に向けて壁内は軍備を整えていると思われます。

壁内の人からしたらアニの巨人の力を使用したいですよね。壁外から攻撃されてる時にアニが目覚めたら壁内にとっては大損害ですし。その辺はハンジさんが奮闘してるのかな?

私ならマーレに潜入して巨人化注射を奪ってアニの女型の力を手に入れたいと考えてしまいますが。

女型って女性限定?

壁内で巨人にするならミカサか兵長を巨人にしたいけど。女型を男が継承したらどうなるんだ?ビジュアル的にアウトかな。だた男型の巨人になるだけ?

エレンが王家の血筋のことを説明していればヒストリアに継承してもらうのがベストという結論になるのかな。人道的には酷いですがアニをほかっておくとリスク高い。味方になる保証はないし死亡されて赤子継承したらせっかく手に入れた女型の力がマーレに戻ってしまう。

って考えるとアニはすでにユミルのようになっているのかなあ。鬱。

壁内は今アニの能力の確保と軍備を整える事。あとはマーレ内に潜伏して情報収集してるのでしょうか?

 

個人的に気になっているのはダイバー家がなんて宣言するのか?です。

毎回毎回展開が素晴らしくてコミックまで待つタイプだったのにうっかり別マガ読む様になっちゃった。笑

来月も楽しみでならないです^^。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。