進撃 99話

毎月恒例。
別マガを午前零時にダウンロードして深夜読みふける。笑

今月もさっそく読みましたよー。

おおおもしろかったーー!
先生本当にすごいなあ。

以下ネタバレ含む感想なので未読の方は引き返してくださいね。

エレンかっこいいわ^^
が最初の感想かな。笑

ゆるゆる、じわじわ、マーレ側の状況を丁寧に描いていましたが
そろそろ大きく展開が始まろうとしたところで来月に続く。

ついにというか、いきなりライナーの目の前に現れたエレン。
マーレでの再開に呆然とするライナー。ひたすらに気の毒です。

エレン「ここからでもステージの喧噪がよく聞こえる・・・
ここの上の建物は普通の住居だ。
多くの住民が幕が上がるのを楽しみにしている
ここのすぐ上でな・・・」

手のひらから血を流しているエレン。

ファルコ「あれ、クルーガーさん。手を怪我しているんですか?」

ここめっちゃ好きなシーンです。笑
さりげなく人がたくさんいることを強調したうえで、いつでも巨人化できるよう手から血を流してるエレン。
ファルコは巨人化する方法を知らないから「手を怪我しているんですか?」と無邪気に質問しているし知ってるライナーは真っ青。ライナーの苦悩は死ぬまで続くのでしょう。死をもってやっと苦痛から解放されるのかもしれませんね。

アニの父も登場。
普通のおっさんでした。
ケニーのようにいかしたおじさんではないようです。笑
アニは帰ってくると約束したと。
そろそろアニが復活する?

収容区には元帥、軍のトップ、各国の大使、全世界の新聞記者が集まりタイバー家の宣言も始まりました。
緊張して汗をかいている?ヴィリー。何かの病気?

巨人大戦の顛末を芝居仕立てでヴィリーが語ってくれました。

フリッツ王が始祖の巨人を継承し、タイバー家と手を結びエルディア人が同士討ちで倒れるよう画策、それが成功するとルディアの一部の民を連れて島に移ったようです。
壁を閉ざし不戦の契りを作り、子孫たちが戦争を始めないようにした。
フリッツ王の目的は平和。

いずれマーレが攻めて来たらそれを受け入れ滅びること。
巨人は存在してはいけなけなかった。

ただ
報復を受けるまでの間
壁の中の世界に
争いのないつかの間の楽園を享受したい
どうかそれだけはゆるしてほしい

ここでウーリとケニーの後ろ姿が描かれます。

しかし、島の内部で反乱が起き王の平和思想が淘汰され始祖の巨人が奪われた。
世界に危機が迫っている。平和への反逆者
その名はエレン・イェーガー

ここで来月に続きます^^
すっごく面白いんだけどーー!!早く続きが読みたい。

いつの間にか島とタイバー家は組んでいた?
空白の4年間に何をしていたのでしょう。

次100話!楽しみしかないじゃないですか!
人気投票の結果に。
そろそろへいちょ登場しそうだし。
104期メンバーも出てきそうだし。

パラディ側の反撃がはじまるのかな!?

ポルコとピークを案内して穴に落とした兵士はジャン?
すらりとした長身だったから。

舞台で芝居をしてるのはだれだろー。ヘーロスの服をきてるのは黒髪だから、ミカサかな?そろそろ彼女の出番が^^

エレンは反逆者か。ぴったり。
ヒーローっていうより不屈の反逆者のほうがしっくりくる。
来月号はランキングもあるしいつもダウンロードしてるけど紙媒体でゲットしようか思案中・・・

ランキングの1位はリヴァイさんかな。2位はエレンがあがってくるかな?問題は3位。エルヴィン団長は上位を死守できるかな。根強いファンの方が投票されているようだし。団長ファン的に上位に入ってくれると嬉しい。上位にランキングすれば先生が絵をかいてくださるから。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする